馬診(競馬)と株式投資・万馬券プロジェクト2017

アクセスカウンタ

zoom RSS リエノテソーロ号は桜花賞へ行くのかドバイへ行くのか

<<   作成日時 : 2016/12/14 22:55   >>

トラックバック 0 / コメント 5

すっかり多頭数所有の有力馬主になられたオーナーが、
G1タイトルを奪取されました。
JRA馬主登録を進言させていただいてから、
およそ3年という短期間での達成です。

今週月曜に、京都のハヤシフォトスタジオさんから届いた
リエノテソーロ号刺繍入り優勝レイ(エーデルワイス賞のもの)を
梱包解いてオーナー執務室に掲げた矢先のタイトル奪取です。

明日以降、全日本二歳優駿の優勝レイを、おそらく生で拝見できることでしょう。
そしてまた、それを額縁刺繍入りで発注すると思います。

真っ白なレイは見たことがなかったので、ちょっと新鮮です。

月曜にオーナーから、強い相手はいるのかと尋ねられましたが、
出走馬に思い浮かぶ相手がいなかったことと、
重不良馬場になる天気予報でしたので、
芝でも勝っているリエの順当勝ちとお伝えしました。

前走、大外廻してワンテンポもツーテンポも仕掛けを遅らせていながら
余裕の勝利でしたから、距離延長は全く心配無いと思っていました。

私には、どこかおっとりしていて
2歳牝馬らしからぬ風貌に見えるのですが、
現地でイレ込んだところを見たことがないからかもしれません。

オーナーには桜花賞ではミスエルテという強敵がいることを
お話しました。でも強敵とぶつかる一戦を見てみたいので
桜花賞での一戦を期待する旨お伝えしています。

でもミスエルテはソウルスターリングとの使い分けで
皐月賞狙いなのでしょうか。

武井さんはドバイ行きを進言されるのでしょうかね。
ドバイだとすると、本日の勝利で斤量を課せられると思うのですが
実際どうなのでしょうか。


遅ればせながら近況報告となりますが、
小職は、11月より6割勤務で残留となっています。
退職して農業ビジネス全力の予定でしたが、
双方、勤務条件を尊重した落としどころで話を詰め
6割勤務とさせていただいております。

火曜水曜は勤務除外日として自分のことに専念。
やはり土日だけではなかなか進まないので、
ここへ来てどんどん進捗しています。
(今日は雨で作業中止でしたが)








月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
リエノテソーロ号のG1制覇おめでとうございます!昨日は川崎現地で応援して参りました。

パドックではとてもおとなしく、ともすればトボトボと映る歩様でしたが、馬場に出ての返し馬はさすがの動きでした。

競馬っぷりは文句なし。アメリカっぽい淡白さは感じられません。現状の戦績は大谷くんばりの2刀流で、今後の夢が膨らむのも頷けます。

私も1ファンとして応援し続けて参ります。

さて、当方の愛馬は2頭とも土曜阪神で出走となりました。今回はどちらも順調そうです。理事長先生にあやかって、どちらか勝ってくれないかなぁと妄想します。
けたろう
2016/12/15 23:16
G1制覇、おめでとうございます。
やはり、最短で達成出来たのも、主様が、いたからかも知れません。
私の知ってる方は、競馬のイロハも知らなかったため、最初、馬を自宅に入れてみようとしたり、府中に連れて行き、走らせてくれと頼んだり、嘘みたいな本当の話です。
もちろん、今では、いっぱしの馬主です(笑)
これからも、支えてあげて下さい。
素人
2016/12/17 08:53
けたろうさん、遅くなり恐縮です。
寒さ厳しい中での川崎観戦、誠にお疲れ様でした。
強いと評判の一頭が出てこなかったので、相手に恵まれたこともありました。
それが武井調教師らのレース選択要因だったといえます。(ジュベナイルFに行かなかったこと)

けたろうさんの馬もデビューお慶び申し上げます。
ライブでは見れませんが、新馬戦を拝見させていただきます。
祝勝会と忘年会が重なることを、心よりお祈り申し上げます。

朝日杯が中山から阪神に移ってしまい、年末の風物詩が1つなくなってしまいました。
レースはコースの有利不利がないフェアな阪神で施行される方が善いとは分かっていますが、正直寂しいかぎりです。
残る風物詩の有馬記念ですが、昨年発見したゴンドラ席のパドックエリアが誰もいないので、
そこを拠点にしつつ、レースは4階で見てもいいなと考えています。
競馬がつまらなくなったので、有馬記念も行くの辞めようと思っていましたが、朝日杯がなくなったことを先週になって気付き、風物詩に参加するかと思った次第です。
通行章4枚頼むつもりです。来られる予定でしたらお知らせください。
yasu
2016/12/17 10:15
素人様、温かいメッセージありがとうございます。
リエノテソーロは2歳らしからぬ丈夫さで、珍しいくらいタフです。
丈夫な馬はダート路線が主流になりがちですが、調教師らも本質はダート向きと思っているのかもしれません。
今度お会いしたら伺ってみたいです。

小職が支えることになるのは、オーナーよりも周辺の調教師さんらのフォローになると思います。
オーナーはご自身でガンガン前進されるので応援するだけです。将来は小職が馬主登録して、オーナー軍団を倒すことが目標でしょうか(笑)
yasu
2016/12/17 10:34
けたろうさん、新馬の出走ではないんですね。
失礼しました。
yasu
2016/12/17 12:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
リエノテソーロ号は桜花賞へ行くのかドバイへ行くのか 馬診(競馬)と株式投資・万馬券プロジェクト2017/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる